『 NA ロードスター リフレッシュサービス 』開始! 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

SHOP INFO 会社概要

HOME > SHOP INFO > 『 NA ロードスター リフレッシュサービス 』開始!

『 NA ロードスター リフレッシュサービス 』開始!

カスタム&限定車、修復歴ありのロードスターもリフレッシュOK

(株)マツダのNAレストアサービスが始まりましたが、カスタマイズパーツを装備されている車・修復歴が有る車・限定車などが受け付け不可と制限があります。
ア イ・スタイリングでは、そんな受け付け不可のロードスターでもリフ レッシュを行うことが可能です。
当店が25年間、ロードスター専門店として長く続く実績と経験のノウハウがある からこそできることだと自負しております。
また費用についても「アイ・スタイリングチェック」にて事前に診断してから、予算に応じて相談していただけますので、安心してお任せ下さい。

愛車にこれからも永く乗り続けるために、気になっている箇所がたくさんある人も多いと思いますが、実際にお車を見させて頂きますと、別の部分を先に手をつけたほういい、という車両も少なくありません。
そのためにオススメしたいのが「アイ・スタイリングチェック」です。愛車診断は、遠回りを防ぐため無駄な出費も抑えられます。

当店では車両の引き取り・納車もしておりますので、忙しい方やお店から遠方の方もお任せいただいて大丈夫です。

NAのリフレッシュでは、塗装を剥離してのオールペンイントを行うことが主流となっています。
塗装後の部品組み付け時には、モールなどのゴム製品やプラスチック製品、そして幌も同時に交換してしまえば、工賃も抑えることも可能です。
ただ単にNAにNBの幌を流用して取り付けただけでは、見えないところから水が浸入する場合があります。永年の実績のある当店にお任せ下さい。



ボディの洗浄

ボディだけの状態にして、スチーム洗車を行います。これにより、隅々にまで入ってしまった泥やサビ、またはワックスを落としていきます。NAなど長期間乗り続けれている車を取り扱う場合には、こういった下準備が重要になってきます。





塗装の剥離

新車時からの塗装もすでに経年劣化が始まっています。また途中で修復された箇所もあり、部分部分で塗装が違っている場合が有ります。素肌の状態にしてから仕上げて参ります。



ロードスターのためだけの専用治具を作製して対処

当店では、NAロードスター用専用治具を用いて、丸裸の状態にしていきます。こういった専用治具や設備が整っているから安心してお預かりできます。そしてできあがった ロードスターは、ボディから下まわりまでピッカピカになり、まるで新車のようです。


ボディアライメントも提携機関により可能

当店では、提携工場とボディアライメント測定器を用いたボディ計測も行っています。とくに修復歴のある車両、サーキット等での過酷な使用をしていた車両、また縁石に乗り上げてしまうといったダメージを受けたことのある車両は、一度測定を受けることをオススメします。










 


      



マイクロスコープにて、ボディの内部までチェック。


   
                                               
                                                                                                                                                                                                          
                                                                                                                                                                             


ロードスターをばらして、塗装する。
そこまではどこでもできる事です。
肝心な事は組付けです。
どこにどのボルトを使っていたか、どのような順番で組み立ててあったかを把握していないと、
基準にあっていないボルトを使われていたり、

順番が間違っていると結局あとで不具合が出てきている車があります。
またNAにそのままNB幌を装着しているところがありますが、そのままの装着では雨漏りがします。
一工夫してあげないと幌の装着部分から雨水が入ってしまい、後々ボディにサビが発生となってしまいますので、注意です。

長年の実績と経験にて、ボルトひとつまで把握している当店に是非ともご依頼をお待ちしております。

 
                               
        
                          フェンダー取りつけボルトの処理です。

         

        

         

         内張りの裏側です。
         しっかりと防水処理をしていなかった為、ボロボロになっています。  
         ブルーのクリップにも、パッキンを付けないといけませんよ。



                                                               

またアイ・スタイリングは、株式会社RCOJの水落様のご紹介により、「㈱マツダ」のNAロードスターレストアプロジェクトに協力させて頂いております。
 (黄〇は当社代表 石川になります)



ご相談は
フリーダイヤル  0066-9702-0158 (携帯・PHSOKまたは053-444-4141)  までお気軽にご連絡お願い致します。